SuperFast Browser(3)ウェブブラウザとして使えるがデータ流出が怖い

前の関連記事:SuperFast Browser(2)hao123, Babylon searchも登場

使い方はChromeそっくり



デフォルトのスタートページです。
普通にウェブページが見れます。
Chrome拡張機能も使えるようです。

Google アカウントを使ってSuperFast Browser にログイン?


私はSRWare Ironと思ってダウンロードしていたのでインストールから起動に至るまでどこにもIronの名前が表示されないことを不審に思っていました。

不思議に思ってアドレスバーの右横にある設定ボタンを押すと

About Super Fast Browser

とあります。

さらに設定画面をみると「Google アカウントを使ってSuperFast Browser」とあります。


こんなマルウェアてんこ盛りのソフトでGoogleアカウントにログインするのは恐ろしいです。

アカウント作成やヘルプはGoogle Chromeのページにつながります。

オープンソースのChromiumをそのまま流用しているだけかもしれませんが開発元もはっきりせず入力データをどこかに流していないともいえません。

ここでおかしいと思いSRWare Ironのダウンロードページに戻って、違うものをダウンロードしたことに気づきました。

参考にしたサイト


Chromium - Wikipedia
GoogleがChromeの根幹機能のソースコードをChromiumとして公開している

SuperFast Browser
ダウンロードしたあとに表示されるページ。ここがSuperFast Browserの開発元?

次の関連記事:SuperFast Browser(4)アンインストール

PR

0 件のコメント:

コメントを投稿