hao123 ,Delta Search(2)一発で戻す方法はない

前の関連記事:hao123, Delta Search(1)やっかいな侵略者たち

もとのソフトをアンイストールしてもhao123は居残る


インストール時の自分の見落としとはいえ、標準でこんなやっかいなものを一緒にインストールしてしまう元のソフトを腹立ち紛れにアンイストールしました。

Windows7なら

スタートメニュー→コントロールパネル→プログラムのアンイストール

表示されるプログラムリストからインストールしたソフト名(私の場合はBlueGriffon)で右クリックします。

アンイストールを選択。

hao123はアンイストールされず、、、これで出ていってくれたらそんなに腹立たしくならないのですけどね。

まずはブラウザ起動時のホームページを手動で再設定


●Internet Explorer

まずは起動時のホームページに設定したいページだけを開く。

窓の一番上のバーで右クリック→メニューバー(レ点がすでにあればこの操作は不要)。


表示されたメニューバーで

ツール→インターネットオプション→全般→ホームページ


現在のページを使用。

●Firefox

まずは起動時のホームページに設定したいページだけを開く。

ツール→オプション→一般


現在のタブグループを使用。タブがひとつのときは「現在のページを使用」になっています。

●Chrome

まずは起動時のホームページに設定したいページだけを開く。


右隅の設定ボタンをクリック→設定。


起動時→特定の 1 つのページまたは複数のページを開く、の右にある「ページを設定」をクリック。


現在のページを使用

これで起動のホームページを戻せます。

最初にこの記事を書いたときはデザインにあるホームボタンの設定と勘違いしていました。

ホームボタンの設定の戻し方は以下です。

ホームボタンに設定したいページを開き、アドレスバーのアドレスをコピーしておく。

右隅の設定ボタンをクリック→設定。

デザイン→ホームボタンを表示する、にチェック。

この下の行の右端の変更という文字をクリック


表示されたダイアログのアドレスというところにアドレスをペーストして「OK」ボタンをクリック。

まだやることはある


一見これでもとに戻せたように見えますがそうはいきません。

同時にDelta Searchもインストールされていました。

参考にしたサイト


Baidu、人気サイトをまとめたスタートページ「hao123」を日本に本格導入 -INTERNET Watch
2012年8月9日、この日から日本侵出となったようです
PR

0 件のコメント:

コメントを投稿