ウェブブラウザ(7)SRWare Ironは何の目的で作った?

前の関連記事:ウェブブラウザ(6)Sleipnir4:拡張機能をインストール

Sleipnir4とは全く思想が違う


Sleipnir4と同様にChromeクローンとしてドイツで開発されたというSRWare Ironをインストールしようとしましたが、全く思想が違うものでした。

えらい目に遭いました。

ダウンロードサイトからしてマルウェアのダウンロードと紛らわしいです。

SuperFast Browser(1)ウェブブラウザIronのダウンロードに騙されるな

Chromiumに付加価値をつけたSleipnir4とは全く違います。

オープンソースのChromiumを利用してマルウェア業者から手数料を頂こうという発想で作成されているとしか思えません。

無事SRware Ironをインストールできたとしても起動画面もこんな感じです。



この真ん中に目立って表示されているまるでパソコンにエラーがあるかのような警告です。


これは起動するたびに警告の内容は変わりますが単なる広告です。

クリックしてはいけません。

アンイストールはWindowsのコントロールパネルのソフトウェアの管理画面からSRWare Ironをアンイストールします。

参考にしたサイト


SRWare Iron - The Browser of the Future
マルウェアに誘導されるのでお勧めしない

SRWare Iron - Wikipedia
この記事だといい印象だったのですけどね。

次の関連記事:ウェブブラウザ(8)Sleipnir4:拡張機能を同期?

PR

0 件のコメント:

コメントを投稿