linuxBean(9)OSをアップデートする

ラベル:

前の関連記事:linuxBean(8)Obkeyでショートカットキーを設定


だいたい設定できたのでlinuxBeanをアップデートしておきます。

アップデートマネージャーでUbuntuをアップデートする


まずUbuntuの部分をアップデートします。


linuxBeanのメニュー→設定→アップデートマネージャー。

(2015.3.14追記。Synapticパッケージマネージャで「再読込」→「アップグレード」でもアップデートできますが、sambaとgrubについてローカル設定を保持するかどうかなどと質問を受けました。そこで選択を間違えたようで起動画面がlinuxBeanと違うものになってしまい戻せなくなりました。なのでアップデートはSynapticパッケージマネージャではなくアップデートマネージャーでやったほうがよいです。)


「再チェック」をクリックするとアップデート必要なプログラムをリストアップしてくれます。


「アップデートをインストール」。


結構いっぱいあるので時間がかかります。


これでUbuntuの部分のアップデート完了です。

linuxBeanをアップデート



linuxBeanのメニュー→設定→linuxBean スクリプトの更新。


「OK」


「よく分からない」のですべてにチェックをいれて「OK」します。

「すべてをチェック」というボタンがないので、全部手動でチェックしないといけません。

初めてのアップデートの場合30個近くチェックをつけないといけません。

アップデート自体はすぐに完了します。

ネットワーク接続の状態を表示しているアイコンをOFFにする


アップデートと関係ありませんが舞台袖 linuxBeanにメモリが節約できると書いてあるのでネットワーク接続の状態を表示しているアイコンをOFFにします。


linuxBeanのメニュー→設定→デスクトップセッションの設定。


「ネットワーク」のチェックをはずして「OK」。

再起動すると右下に表示されていた が消えています。

次の関連記事:linuxBean(10)2ch ブラウザ JD

PR

0 件のコメント:

コメントを投稿