linuxBean(17)seahorseでキーリングを編集する

ラベル:

前の関連記事:linuxBean(16)linuxBeanからWindowsの共有ファイルをみる


Windowsの共有フォルダにアクセスするときWindowsのユーザー名とパスワードを「期限なしで記憶する」を選択すると、これらが「デフォルトのキーリング」に保存されてしまい、毎回キーリングのパスワードが要求されるようになってしまいました。それを解除します。

Windowsのユーザー名とパスワードを「期限なしで記憶する」


Windowsの共有フォルダにアクセスするたびに毎回Windowsのアカウント名とパスワードを入力するのは面倒なのでこれらを「期限なしで記憶する」にします。


このダイアログで「期限なしで記憶する」を選択します。


すると'デフォルト'のキーリングのパスワード指定が要求されました。

(このダイアログが出現しないときはloginのキーリングに保存されています。)

ここでパスワードを入力して「OK」すると'デフォルト'のキーリングにWindowsのアカウント名とパスワードが保存されてしまいました。

このときはキーリングが何なのかよくわからず'デフォルト'のキーリングに保存してしまいましたが、'デフォルト'のキーリングに保存してしまうとキーリングにアクセスするたびにキーリングのパスワード入力が要求されるので面倒です。

キーリングのロックを自動的に解除したい


デフォルトのキーリングに保存されると、共有フォルダをブックマークにしても最初のアクセスのときはキーリングのパスワード入力画面がでてきます。


「ログイン中はいつでもこのキーリングのロックを自動的に解除」を選択したいのですがこのダイアログでは選択できません。

キーリングには「デフォルト」と「ログイン」の2つがあって、ログイン時に自動的にキーリングを解除するためには「ログイン」キーリングを使わないといけないことがわかりました。

linuxBeanのキーリング|ろっひーでlinxBeanでの「ログイン」キーリングの設定方法が解説されていました。

seahorseでキーリングを編集する


まずキーリングを管理するGUIプログラムをインストールします。

linuxbeanのメニュー→設定→Synapticeパッケージマネージャ。

編集→検索、seahorseで検索します。


seahorseのSのカラムをクリックして「インストールを指定」を選択。

「適用」ボタンをクリックするとダウンロードとインストールが始まります。


linuxBean→設定→パスワードと鍵、でseahorseが起動できます。


この記事を書くときには症状の再現ができなくなっていたので、上図の「パスワード:デフォルト」は手動で作成したものです。

「デフォルトのキーリング」に保存されていたときは、この「パスワード:デフォルト」だけしかなく、「パスワード:login」はありませんでした。

ここでは新しい「loginのキーリング」がまだないとして、新規作成する方法を紹介します。

パスワードと鍵のメニューから、ファイル→新規。


「パスワードキーリング」を選択して「続行」。


「新しいキーリングの名前」を「login」にして追加します。


これでloginのキーリングが作成されます。

新しく作ったloginのキーリングを右クリックしてデフォルトにします。

あとはデフォルトのキーリングを右クリックして、Deleteして、もう一度Windowsのユーザー名とパスワードを「期限なしで記憶する」、とキーリングのパスワードは要求されず、ちゃんとloginのキーリングにこれらのパスワードが保存されていました。

loginのキーリングは勝手に生成されるようだ


デフォルトのキーリングのパスワード入力ダイアログが表示されなかったPCで、seahorseでキーリングを確認してみるとちゃんとloginのキーリングに保存されていました。

また一旦作成したloginのキーリングを右クリックして「Delete」して削除しても、ログアウトしてログインし直すと、またloginのキーリングが生成されています。

ただし中に入っていたパスワードは削除されています。

またパスワードが保存されているloginのキーリングをDeleteしたときは、「パスワードと鍵」を再起動しないと表示が反映されませんでした。

最初に設定したPCではデフォルトのキーリングに保存されてしまいましたが、VirtualBoxにインストールしたlinuxBeanでは最初からloginのキーリングに保存されました。

キーリングに保存されたパスワードを確認する


キーリングに保存されたパスワードは「パスワードと鍵」でみることができます。


キーリングの中のパスワードを右クリック→プロパティ。


「パスワードの内容を表示する」をチェックすると、パスワードが読めるようになります。

参考にしたサイト


linuxBeanのキーリング|ろっひー
ここに教えていただきました。

次の関連記事:linuxBean(18)WindowsからlinuxBeanの共有フォルダをみる

PR

0 件のコメント:

コメントを投稿