デンタルカメラ(5)全歯の撮影その3:右上顎編 黄色いところは異常?

前の関連記事:デンタルカメラ(4)全歯の撮影その2:左下顎編 虫歯発見?


画像は鏡像にしていないので左というのは画像の右側になります。このネコちゃんでいうと上顎に2本見えている牙のうち右側に見えているのが左の牙ということになります。

黄色いところは正常なのか異常なのか、、、(スミマセン、勉強不足で解答なしです)


右上顎第2大臼歯 舌側



右上顎第2大臼歯 咬合面 これも2005年頃いれたインレー。



右上顎第2大臼歯 頬側


右上顎第1大臼歯 舌側 縦に黄色い溝がみえますね。


右上顎第1大臼歯 咬合面 第1大臼歯はこのように表面が粗雑な感じが普通なのでしょうかね。


右上顎第1大臼歯 頬側


右上顎第2小臼歯 右上顎第1小臼歯 舌側


右上顎第2小臼歯 右上顎第1小臼歯 咬合面 

これも具が見えている?


右上顎第2小臼歯 頬側


右上顎第1小臼歯 頬側 奥歯よりもこのあたりの頬側の写真が一番撮りにくいです。


右上顎犬歯 舌側 先の方が薄くて透けているように見えますね。


右上顎犬歯 頬側


右上顎側切歯 舌側 

黄色いところはエナメル質が薄くなっているところなのでしょうかね。

虫歯(2)柑橘類を食べた後やジュースを飲んだ後は牛乳を飲もうででてきた酸蝕症?


右上顎側切歯 頬側


右上顎中切歯 舌側 左側の歯が右中切歯になります。


左右がこんがらがりますね。

鏡で自分の体を見たときは右手は右側に写っています。

でも他人の目から右手は相手の左側に写っています。

普通の人は自分の体のことしか見ないと思うのでデンタルカメラの設定で鏡像にしておくと鏡と同じ向きになるので左右がわかりやすいかもしれません。

私は職業柄他人の左右を見分ける癖がついているので鏡像にしないほうがカメラの操作がしやすいはずなのですが、自分の歯は鏡で見る機会が多いせいかついつい逆方向にカメラを動かしてしまいます。

歯科医だと頭側から患者さんの歯を見ることが多いので鏡像のほうが見慣れているのかもしれませんね。

医師でも眼科の手術は頭側から入るので左右は自分と一緒になります。

でも診察するときは座っているので左右は逆になりますね。

左右間違えはあってはならないことなので、最近は手術前にマジックで手術するところの皮膚に派手にマーキングされることになると思います。

次の関連記事:デンタルカメラ(6)全歯の撮影その4:左上顎編 歯間部に歯垢残存

PR

0 件のコメント:

コメントを投稿