MSI GS30:購入後のカスタマイズ、不要なアプリを削除する

ラベル:
MSI GS30 2M-092JPを購入MSI GS30をWindows8.1ProからWindows10Proにアップグレードするをしたあとのカスタマイズの記録です。単に自分のためのものです。

前の関連記事:MSI GS30をWindows8.1ProからWindows10Proにアップグレードする


Chromeのインストールと設定


BloggerのエディタはFirefoxでは右クリックで「プレーンテキストとして貼り付ける」の項目がでてこなかったのでChromeはインストールしないわけにはいきません。
2016.6.27追記。Firefoxでも CTRL+SHIFT+Vで同じことができました。しかもChromeと違って<div>がくっついてこないメリットがあります。この<div>にはずいぶんで悩まされてきましたので。Paste as Plain Text Is Now Built into Firefox

一番最初にインストールしたのでどうやったのかは忘れましたがたぶんデフォルトのブラウザ(IEかなにか)を立ち上がっときにGoogleのサイトからダウンロードしてインストールしたと思います。

液晶の解像度が高くても文字が小さいと見にくいので文字の大きさを変更します。

メニューボタン→設定。

下にスクロールして詳細設定を表示。


フォントサイズを中、ページのズームを150%にしました。

ところがページのズームを100%にしていないと、ウィンドウを左右に寄せてみたときにうまくレイアウトされませんのでズームは100%にしてフォントサイズを大にしました。


あとはGoogleアカウントに接続してアプリ、拡張機能、設定、テーマ、ブックマークを同期しました。


Chromeを再起動して同期が終わったらブックマークとテーマ以外はチェックを外しました。


拡張機能はCreate LinkとPut New Tab on the Rightだけにしました。

拡張機能は同期されますがそのオプションは同期されないのでCreate LinkはBlogger:リンクのコピー(1)Make LInk:Firefoxアドオンで簡単にと同様に設定しました。

Windows10用のドライバなどをインストールする、、、結局せず


Support For GS30 2M Shadow(092JP) | エムエスアイコンピュータージャパン | Laptops - The best gaming laptop provider

Windows10用のドライバなどはここからダウンロードできます。

うーん、とってもメンドー。

BIOS

MSI GS30 2M-092JPを購入でみたように外付けディスプレイボードのファンコントロールのもののようなのでパスします。

ドライバ

次の順番でインストールするように書いてあります。

1. Chipset, 2. Intel VGA, 3. nVidia VGA, 4. Audio, 5. LAN, 6. Card Reader 7. WLAN, 8. BT, 9. Touchpad, 10. ME, 11. USB 3.0, 12. Radio Switch, 13. Others

これも今のところ支障がないのでパスします。

そもそもスタート右クリック→デバイスマネージャーをみても現在のバージョンがよくわかりません。

2016.6.5追記。Nahimicが動かなかったのでAudioドライバーをインストールしました。GS30: Nahimicは動かせたがSound Blaster Cinema2は動かず参照。)


ファームウェア

これもファン関連みたいなのでパスします。

ユーティリティ

%ProgramData%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs

このフォルダから該当するアイコンを探してそこから元のファイルの場所を探してそのプロパティの詳細をみてバージョンを確認しました。

Sizing Options

SCM

MSI True Color

MSI Battery Calibration

MSI Boot Configure

これらのバージョンが上がっていましたがさしあたってMSI Boot Configureだけバージョンアップすることにしました、、、

と思いましたけどやはりメンドーなのでやめました。

Ubuntuみたいに一括でバージョンアップする方法はないのでしょうかね。

(2016.6.5追記。結局全てのドライバーとほとんどのユーティリティーをアップグレードしました。GS30: 起動時のMicrosoft .NET Frameworkのエラーを解決する参照。)

プリインストールアプリを削除する


このGS30にもお試しアプリがいくつもついてくるのでそれらを削除します。

まずは「すべてのアプリ」のアイコンが入っているフォルダを見ます。

%AppData%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs

これをエクスプローラーのアドレスバーに入力してEnterキーを押します。


これはユーザー別のメニューになるようですが、ここには削除できそうなものはありませんでした。

%ProgramData%\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs

ここにいろいろアイコンがありました。


不要と思われるアプリはがばっと削除してしまいました。

削除しすぎて支障が出てくる可能性があります。

スタートボタンを右クリック→プログラムと機能。

以下のものを削除しようと思いました、、、

BurnRecovery (これはMSI GS30 2M-092JPを購入でやったようにリカバリディスクを作成してから削除しないといけません。)

Dragon Gaming Center(ゲームはしないので。自動起動されているので画面の右下のアイコンから終了してからアンインストールが必要です。)

MAGIX MX Suite(MAGIX MXをダウンロードするためのソフトのもよう)

MSI Remind Manager(リカバリディスクの作成などを勧めてくるもの?)

MSI Social Media Collection(起動方法も不明)

Norton Online Backup(いろいろ言ってくるので)

WinZip(7Zipを使うので)

XSplit Gamecaster(ゲームはしないので)

不要なアプリはもっとたくさんあると思ったのですが、「プログラムと機能」にはこれぐらいしかありませんでした。

ところがスタートボタン→すべてのアプリ、とするともっとたくさん不要そうなアプリがでてきます。

これらはスタートメニューで右クリックするとアンインストールできることがわかりました。

ということで上記の赤字のものをアンインストールしました。

下記は、スタート→すべてのアプリ、で右クリックしてアンインストールしたものです。

Games App

3D Builder

ADERA

Candy Crush Soda Saga

Evernote Touch

Fresh Paint

Insider Hub

LINE

Microsoft Mahjong

Microsoft Solitaire Collection

Microsoft Wi-Fi

Music Maker Jam

Norton Studio

Pinball FX2

Skype ビデオ

Skypeを手に入れよう

puzzletouch

Sway

Taptiles

TuMetro

Twitter

新しいOfficdを始めよう

トラベル

ニュース

フード & レシピ

ヘルスケア

マネー

モバイル コンパニオン

リーダー

リーディング リスト アプリ

削除したいものはもっとありましたが、アンインストールできないものがたくさんありました。

OneDriveのアンインストールはできず


フォトギャラリー、ムービーメーカー、Windows Live Writer、Windows Live メール、OneDriveをまとめたWindows Essentialsも結局アンインストールました。

Windows Essentialsはスタートボタンを右クリック→プログラムと機能からアンインストールしました。

アンインストールしてもOneDriveフォルダが残っています。

再起動してもタスクバーのアイコンを見るとまだOneDriveが起動していることが分かります。


雲のOneDriveのアイコンを右クリック→設定。


WindowsにサインインしたときにOneDriveを自動的に開始する、のチェックをはずしました。


次のアカウントタブでOneDriveのリンク解除、をクリックするとOneDriveへのログインを求められて、指示に従っていくとリンクを解除されるどころか、先ほど解除した「WindowsにサインインしたときにOneDriveを自動的に開始する」の
チェックがまた入ってしまいました。

うーん。結局アンインストールもできないし、同期も解除できませんでした。

なんじゃこりゃ。

タスクバーにクイック起動を表示する


Windows 10 タスクバーにクイック起動を表示する

タスクバーを右クリック→ツールバー→新規ツールバー。

フォルダー欄に「shell:Quick Launch」と入力して「フォルダーを選択」ボタンをクリック。

これでクイック起動が表示され移動できます。

しかしタイトル名の表示やボタン名の表示のカスタマイズはタスクバーの固定をはずさないといけません。

タスクバーを右クリック→タスクバーの固定、のチェックをはずす。

クイック起動の先頭部分を右クリックするとカスタマイズメニューがでてきます。

タイトル名とボタン名は表示しないようにして、大きいアイコンを使うようにしました。

参考にしたサイト


Support For GS30 2M Shadow(092JP) | エムエスアイコンピュータージャパン | Laptops - The best gaming laptop provider
MSI GS30 2M Shadow(092JP) のWindows10 64ビット用ドライバなど。

Windows 10ミニTips (12) スタートメニューのカスタマイズ - タイルサイズとアプリ編 | マイナビニュース
Windows10の「すべてのアプリ」のショートカットがあるフォルダの解説。

Windows 10 タスクバーにクイック起動を表示する
Windows10でクイック起動を有効にする方法。

Paste as Plain Text Is Now Built into Firefox
Firefoxで書式なし貼り付けはCTRL+SHIFT+Vでできました。

次の関連記事:Norton Download Managerのポップアップを消す方法

PR

0 件のコメント:

コメントを投稿