歯周病(3)ポケットは少し浅くなったが変な味が復活

前の関連記事:歯周病(2)歯石取りを2ヶ月あけると痛みが出る


今日は月一回の歯科通院日でした。一番深い右下第二大臼歯のポケットは少し浅くなっていました。でもよくなっていたことばかりではありませんでした。

全体にポケットの深さが改善


右下の第二大臼歯以外の部分も前回測定時よりも全体にポケットが浅くなっていました。

前回は4mmのところがたくさんあったのですが今回4mmだったのは左下の第二大臼歯の周りだけでした。

前歯の方は2mmで他は全て3mmでした。

出血がある部分もだいぶ減っているそうです。

ポケットは浅くなったが変な味がする



右下の第二大臼歯舌側のボケットは11mmから9mmに浅くなっていましました。

しかし今月に入ってからその歯のあたりから変な味がときどきするのです。

何か食べ物が腐ったような味です。

以前歯茎が腫れていた時と同じ味です。

今回は舌でかすかに感じるだけで、前回のように歯茎を指でこすってみても指には臭いはついてきません。

歯科医院でみてもらったところ膿は溜まっていませんでした。

歯磨きでは3mmぐらいの深さまでしかお掃除できないので、それ以上の深さのポケットはどうしても汚れが残ってしまうそうです。

歯周病菌も復活していた


さらに悪いことに以前にジスロマックを飲んでいなくなった歯周病菌がまた復活していました。

顕微鏡で撮った動画を見せてもらうと紐のようなものがいっぱいうごめいていました。

最初の説明ではジスロマックは一回しか飲まないということでしたので今回はお掃除の最後に歯周病菌がいるポケットに薬をいれて治療終了です。


この手前にみえている白いものが詰めた薬でしょうかね。

(後日観察してもまだ白いものが残っていたためスケーラーで触ってみると硬かったのでこの白いものは元の私の歯のようです。)

また右側に汚れが残っていた


ダイアモンドクリーンのガムモードで歯磨きをしてから歯科受診したのですがまたもや右側の汚れを指摘されてしまいました。

帰り際にもらった治療結果の紙には右下の1234と右上の567に丸がつけてあります。

この丸をつけてある部分の歯と歯の間に汚れが残っていたそうです。

1番が前歯です。要は右下は前歯、右上は奥歯がうまく磨けていないということです。

前回の右側の汚れ残存の指摘を受けてダイヤモンドクリーンで磨き始める順序をランダムにしたのですがこれは関係ないようです。

右手で磨いているのでどうしても同じ右側はダイヤモンドクリーンの当て方が不十分になっているのかもしれません。

今度は左手でも磨いてみようと思います。
PR

0 件のコメント:

コメントを投稿