linuxBean14.04(133)Eclipse4.6(Neon)とPyDev5.4のインストール

ラベル: , ,
PyCharm Community Editionは便利ですが重くてリモートデバッグができないので今後はEclipseとPyDevを使うことにします。PyDev5.4.0はEclipse4.6(Neon)以上が必要なのでEclipseのインストールから行います。

前の関連記事:linuxBean14.04(132)LibreOfiice5.2のSDKの例をコンパイルする


Eclipse4.6(Neon)のインストールとOpenJDK8の設定


Eclipse Downloads


大きさが小さいのとGitクライアントが入っているという理由でEclipse IDE for JavaScript and Web Developersをダウンロードしました。
(2017.3.24追記。JavaScriptにも使うつもりでこのパッケージをインストールしましたが結局JavaScriptにはlinuxBean14.04(142)Eclipse Mars 2のインストールでMars.2を使うことにしたのでEclipse Java EE IDE for Web Developersをインストールし直しました。)

linuxBeanにインストールするのでLinux 32bit版を使います。

ファイルマネージャでeclipse-javascript-neon-2-linux-gtk.tar.gzを右クリック→ここでファイルを展開。
「eclipse」というフォルダが出現します。

linuxBean14.04(46)Eclipse Modeling Toolsのインストール
でインストールしたeclipseフォルダがすでにあるのでeclipse4.6に改名しました。

豆ボタン→アクセサリ→ファイルマネージャ PCManFM (root)。

eclipse4.6フォルダを/optに移動させました。

Terminalから/opt/eclipse4.6/eclipseとしてEclipseが起動することを確認します。


JVM1.8以上が必要と言われて起動できません。

linuxBean14.04(104)OpenJDK8でPyCharm2016.1を起動するでOpenJDK8をインストールしたはずなのでEclipseの方がこれを読み込むように設定しないといけません。

OpenJDK8のパスは/usr/lib/jvm/java-8-openjdk-i386です。

ところがこの設定に四苦八苦しました。

原因は最初Windows用の設定の解説を読んでいてパスを"でくくっていたの原因でした。

eclipse.ini - Eclipsepedia

ちゃんとした解説はここにありました。

/opt/eclipse4.6/eclipse.ini

このファイルの先頭に以下の2行を追加して解決しました。

-vm
/usr/lib/jvm/java-8-openjdk-i386/bin


-vmとパスは2行に分けて書く必要があり、またパスを"でくくってはいけません。

これでEclipse4.6が起動出来ました。

ちなみに今回sudo update-alternatives --config javaでjava7とjava8が切り替えれるようになっていることを発見しました。

記憶をたどる限り自分でこの設定をした覚えはありません。

起動時に聞かれるworkspaceはこれまでのバージョンと分けてworkspace4.6にしました。

(2017.3.26追記linuxBean14.04(85)Eclipse Mars 4.5.1で横スクロールすると字が滲むの問題が起こるので、eclipse.iniの-vmargsの行の前に以下を追加しました。

--launcher.GTK_version
2

)

Eclipse4.6(Neon)のランチャの作成


linuxBean14.04(46)Eclipse Modeling Toolsのインストールと同様にします。 


名前はEclipse4.6(Neon)、コマンドは/opt/eclipse4.6/eclipseにしました。

アイコンは/opt/eclipse4.6/icon.xpmを使いました。

次にメニューの登録場所を変更します。

豆ボタン→アクセサリ→メニューエディター。

MenuLibreが起動します。

「その他」から「Eclipse4.6」を選択します。

「Development」→「Development」と分類を選択するとメニューのプログラミングに表示されるようになります。

IDEを選択してもプログラミングのメニューの中には入りませんでした。

あとはこのランチャをアプリケーションランチャに登録してEclipse4.6のインストールは完了です。


起動して少しするとこれまでにインストールしたことのあるプラグインのウィザードを取り込むのか聞かれました。

もうこれらは使う予定がないのでCancelをクリックしました。


Yesをクリックして終了するともう聞いてこなくなりました。

PyDev5.4.0のインストール


linuxBean14.04(93)Eclipse4.5にPyDevをインストールの通りします。 

Terminalからsudoでeclipseを起動します。

sudo /opt/eclipse4.6/eclipse

Eclipseが起動したらHelp→Install New Software。


http://www.pydev.org/updatesをリポジトリに追加します。


PyDevにチェックをつけてNext。

あとはlinuxBean14.04(93)Eclipse4.5にPyDevをインストールと同様にして指示通りインストールします。

再起動したあとはroot権限で起動していると思うので終了して普通に起動し直します。

これでEclipse4.6(Neon)とPyDev5.4のインストールは完了です。

参考にしたサイト


Eclipse Downloads
PyDevのプリインストール版はないので今回はEclipse IDE for JavaScript and Web Developersをインストールしました。

eclipse.ini - Eclipsepedia
Java仮想マシンの設定方法。

PyDev
最新版のインストールには Eclipse 4.6 (Neon) が必要です。

次の関連記事:linuxBean14.04(134)Eclipse4.6とLibreOffice5.2のPythonマクロ

PR

0 件のコメント:

コメントを投稿