linuxBean14.04(132)LibreOfiice5.2のSDKの例をコンパイルする

ラベル: , ,
SDKの例をすべてコンパイルします。

前の関連記事:linuxBean14.04(131)LibreOfiice5.2のインストール


LibreOfiice5.2のSDKをセットアップする


やり方はlinuxBean14.04(29)LibreOfficeDev5.0SDKの例を一括でmakeすると同じようにします。

事前にSynapticパッケージマネージャでzipとg++パッケージがインストール済であることを確認しておきます。

ファイルマネージャで/opt/libreoffice5.2/sdkからツール→現在のフォルダを端末で開く。

sh setsdkenv_unix と入力してEnter。

必要なファイルはすべてインストール済のはずなので質問にEnterキーを押していくだけです。

ただし、Makefileを一括してmakeするmake_all.shを使うので、「Automatic deployment of UNO components (YES/NO) [YES]:」はNOにしておきました。

ランチャにsetsdkenv_unixを登録する


LibreOffice(61)linuxBeanでJavaの例をmakeと同様にsetsdkenv_unixのランチャを作成します。

これはSDKの例を個別にコンパイルするためのものです。

 xfce4-terminal -e "/opt/libreoffice5.2/sdk/setsdkenv_unix" --working-directory="/opt/libreoffice5.2/sdk/examples/DevelopersGuide"

ランチャのコマンドはこのようになります。
 ************************************************************************
 *
 * SDK environment is prepared for Linux
 *
 * SDK = /opt/libreoffice5.2/sdk
 * Office = /opt/libreoffice5.2/sdk/..
 * Make = /usr/bin
 * Zip = /usr/bin
 * cat = /bin
 * sed = /bin
 * C++ Compiler = /usr/bin
 * Java = /usr
 * SDK Output directory = /home/pq/libreoffice5.2_sdk
 * Auto deployment = NO
 *
 ************************************************************************

pq@HP6730b1:/opt/libreoffice5.2/sdk/examples/DevelopersGuide$ 
ランチャを起動するとmakeできる環境設定がされた状態でデベロッパーズガイドの例のフォルダでTerminalが起動します。

全例を一括コンパイルするシェルスクリプトmake_all.shを作成


/opt/libreoffice5.2/sdk/examples以下のMakefileをfind -name Makefileで抽出して、linuxBean14.04(29)LibreOfficeDev5.0SDKの例を一括でmakeするの一覧とざっと比較したところ変化がなさそうなので、同じシェルスクリプトでコンパイルすることにします。

コンパイルするのはデバッグして動きをみるのが目的なので、変数の値をみれるようにgオプションをつけてビルドすることにします。

/opt/libreoffice5.2/sdk/settings/settings.mk

LibreOffice5(15)Javaの例をデバッグ情報を追加してビルドするの通りこのファイルの29行目にDEBUG=yesを挿入しました。

(2017.4.19追記。settings.mkを編集しなくてもmakeの引数でDEBUG=yesとすれば-gオプションを有効にできました。make_all.shは修正済ですのでsettings.mkの編集は不要になりました。)

/opt/libreoffice5.2/sdk/examples/DevelopersGuide/OfficeDev/DesktopEnvironmentはコンパイルに失敗するので、コンパイルしないことにします。

linuxBean14.04(29)LibreOfficeDev5.0SDKの例を一括でmakeするのmake_all.shから./DevelopersGuide/OfficeDev/DesktopEnvironmentを削除しました。

(ヒアドキュメントは行単位で読み込んでいるせいか先頭に#を付けてもそれが読み込まれてしまいました。)

その編集したmake_all.shを~/libreoffice5.2_sdkフォルダに保存しました。

make_all.shでSDKの例をコンパイルする


先ほど作成したsetsdkenv_unixランチャを起動して、Terminalを起動します。

bash ~/libreoffice5.2_sdk/make_all.sh

これでコンパイルが始まります。

NetBeansからのブレークポイントの設定方法はlinuxBean14.04(25)NetBeans8とLibreOffice5のインストールと同じです。

LibreOfficeのパラメータの設定は前のバージョンがから引き継がれており再設定不要でした。

次の関連記事:linuxBean14.04(133)Eclipse4.6(Neon)とPyDev5.4のインストール

PR

0 件のコメント:

コメントを投稿