Plop Boot ManagerでUSBメモリから起動する方法

前の関連記事:VirtualBoxの仮想マシンでUSBメモリから起動する方法


前回と違ってPlop Boot Managerというツールと使います。このツールはVirtualBoxだけでなくBIOSがUSBブートに対応していないマシンでUSBブートするときにも使えるので便利です。

Plop Boot ManagerでUSBブートさせる


やり方は簡単です。

簡単なのですがVirtualBoxの仮想マシンでSandisk USB3.0 USB 128GB Extreme PRO にlinuxBean14.04をインストールのUSBで起動させると起動にすごく時間がかかりました。

Plop Boot Manager 5.0 - Downloadからplpbt-5.0.15.zipをダウンロードして解凍します。

解凍してでてくるplpbt.isoでブートする仮想マシンを作ります。

メモリは適当に1024MBぐらいにして仮想ハードライブは追加しませんでした。

起動に使うUSBメモリはホストマシンに挿しておきます。


仮想ハードライブがない仮想マシンを起動すると起動ハードディスクの選択画面がでてくるのでここでplpbt.isoを選択します。

ここで選択せずに一旦終了して再起動させると次からは「FATAL: Could not read from the boot medium! System halted.」とでてくるだけなのでそのときは仮想マシンのメニューのデバイス→CD/DVDデバイス、でplpbt.isoを選択してから仮想マシンを再起動します。


ブートデバイスの選択ダイアログがでてくるのでここでUSBを選択すればよいのですが、その前に仮想マシンにUSBメモリを認識させていないといけません。

仮想マシンのメニューのデバイス→USBデバイス、でブート可能なUSBメモリを選択します。

Grubは起動しましたがそこから起動させるOSを選択してもGrubの緑の画面のまま1分弱待たされます。

2015.11.16追記。Extension PackをインストールしていないためにUSB1.0で動作しているのが原因だったようです。USB2.0が有効になっていなかったとは初めて知りました。)


エラー: attempt to read or write outside of disk `hd0'。

こうでてきたらようやくlinuxBeanの起動が始まりました。

キーを何も押さなくても勝手に続きが始まりました。


そしてまたここで結構待たされます。

このあとはVirtualBoxの仮想マシンでUSBメモリから起動する方法と同様に使えました。

仮想マシンだと起動が始まるまで1分近く待たなければならないので、VirtualBoxの仮想マシンでUSBメモリから起動する方法の方がよいと思います。

ただこのplpbt.isoをCDRに焼いてUSBブートに対応していないPentiumMのマシンで起動してみるとUSBブートできましたのでそういう目的では便利に使えそうです。

実機で起動した場合も「エラー: attempt to read or write outside of disk `hd0'。」はでてきますが時間は仮想マシンのときほどかかりません。

デフォルトでUSBブートさせるCDを作成する


plpbt.isoはUSBを選択しないといけないので面倒です。

USBブートに対応していないPC用にデフォルトでUSBブートさせるCDRを作成することにします。

まずPlop Boot Manager 5.0 - Downloadからダウンロードしたplpbt-5.0.15.zipに入っているplpcfgbtコマンドでplpbt.binを変更します。

Plop Boot Manager 5.0 - plpcfgbt - configure plpbt.binにマニュアルがあります。

今回はlinuxBeanで作業しましたが、plpbt-5.0.15\Windowsフォルダにplpcfgbt.exeがあるのでLinuxと同様にできるかと思います。

plpbt-5.0.15.zipを解凍してできるLinuxフォルダに入ってTerminalで作業します。

まず./plpcfgbt plpbt.binでデフォルト設定を確認します。
plpbt-5.0.15/Linux$ ./plpcfgbt plpbt.bin
Video mode     : 640x480
Start mode     : menu
Countdown      : off
Countdown value: 15 seconds
Default boot   : off
Profile        : 1
Starfield      : on
Zoom animation : on
Font           : bootmanager
Force USB 1.1  : off
Use USB MassDev: 1
Use INT19h     : off
Startup hotkey : no
Skip PCMCIA    : no
Fast PCMCIA    : no
Ignore USB devs: 0
Show extended p: no
これを3秒待ってとくに操作なければUSBブートするように変更します。

./plpcfgbt dbt=usb cnt=on cntval=3 plpbt.bin

このコマンドを打つだけです。
plpbt-5.0.15/Linux$ ./plpcfgbt dbt=usb cnt=on cntval=3 plpbt.bin
plpbt-5.0.15/Linux$ ./plpcfgbt plpbt.bin
Video mode     : 640x480
Start mode     : menu
Countdown      : on
Countdown value: 3 seconds
Default boot   : usb
Profile        : 1
Starfield      : on
Zoom animation : on
Font           : bootmanager
Force USB 1.1  : off
Use USB MassDev: 1
Use INT19h     : off
Startup hotkey : no
Skip PCMCIA    : no
Fast PCMCIA    : no
Ignore USB devs: 0
Show extended p: no
Countdownがonになり、Countdown valueが3 seconds、Default bootがusbに変更になりました。

今度はこのplpbt.binをisoに変換します。

Plop Boot Manager 5.0 - Create your own ISO file with your modified plpbt.bin

ここからplpbt-createiso.zipをダウンロードして解凍します。

解凍してでてきたplpbt-createisoフォルダにplpbt-5.0.15/Linuxフォルダにある先ほど変更したplpbt.binをコピペします。
sh create-iso.sh
plpbt-createiso$ sh create-iso.sh
Warning: creating filesystem that does not conform to ISO-9660.
I: -input-charset not specified, using utf-8 (detected in locale settings)
Size of boot image is 4 sectors -> No emulation
Total translation table size: 2048
Total rockridge attributes bytes: 751
Total directory bytes: 1150
Path table size(bytes): 10
Max brk space used 0
269 extents written (0 MB)


plpbtmycd.iso created.
これでisoファイルが完成です。

あとはこれをCDRに焼けば完成です。

このCDRとlinuxBeanフルインストールUSBがあればUSB2.0以上あるPCならどこでもlinuxBeanが使えそうです。

参考にしたサイト


Plop Boot Manager, PlopKexec Boot Manager
USBブートに対応していないマシンでUSBブートを可能にするツール。

仮想マシン(VirtualBox・VMware)から、あるいは非対応PCでUSBブートする方法 | mogi2fruitsどっとねっと
Plop Boot Managerを教えていただきました。
PR

0 件のコメント:

コメントを投稿