linuxBean14.04(5)iPod touch(iOS6.1.3)をLightning-USBで接続

前の関連記事:linuxBean14.04(4)PyCharmをSynapticパッケージマネージャからインストール


iPod touchがつながらないのはVirtualBoxのlinuxBean14.04だけかと思ったら、実機にインストールしてみたiPod touchでもつながりませんでした。とても簡単な方法で解決できました。
(2017.2.12追記。iOS10.2.1では接続できなくなっていました。)

/var/lib/lockdownを作成するだけで解決


linuxBean12.04とiPod touch(iOS6.1.3)をLightning-USBで接続と同じ方法でidevicepair unpair && idevicepair pair としてもunhandled error code -2 とでてきてペアリングできません。

linuxBean12.04とiPod touch(iOS6.1.3)をLightning-USBで接続のときと比較するとlibimobiledevice package : Ubuntuで確認するとlinuxBean12.04ではlibimobiledeviceが1.1.1-4、libreBean14.04は1.1.5という違いがあります。

バージョンを戻す方法がないか検索してみたところ、あっけない方法で解決しました。

xubuntu 14.04 でiOS7 の iphone を接続する: ふらんくらいふ

ここで紹介されている通りlockdownフォルダを作るだけでiPod touch(iOS6)とlinuxBean14.04の接続が確立しました。

豆ボタン→アクセサリ→ファイルマネージャ PCManFM(root)。

パスワードを入力後/var/libを開きます。

ファイル→新規作成→フォルダ。

フォルダの名前を「lockdown」にします。

作成したlockdownフォルダを右クリック→ファイルのプロパティ。


パーミッションタブをすべて「すべて」に変更します。


「OK」

iPod touchを画面をロックしていない状態で接続します。

この方法でVitualBoxのlinuxBean14.04からもiPod touchの中身をみれるようになりました。

ファイル名はみれますが、コピペしても0バイトのものしかペーストされてこないファイルが多数あります。

参考にしたサイト


xubuntu 14.04 でiOS7 の iphone を接続する: ふらんくらいふ
/var/lib/lockdownを作成するだけという簡単な方法を教えていただきました。

次の関連記事linuxBean14.04(6)LibreOffice4.3.7とPyCharmの設定

PR

0 件のコメント:

コメントを投稿