GS30: Windows10Proをクリーンインストールする

ラベル:
VPCJ2にWindows10をクリーンインストールにのっとってMSI GS30 2M-092JPを購入のGS30にWindows10をクリーンインストールします。

前の関連記事:GS30: アップグレードしたWindows 10ProからWindows8.1Proに戻す


Windows10をクリーンインストールする前にやっておくべきこと


Windows8.1からWindows10にアップグレードする

Windows8.1ProのプロダクトIDでWindows10が認証されるのは一旦Windows10に無償アップグレードしたことのあるPCだけなので、一度はWindows10にアップグレードしておかなくてはいけません。(MSI GS30をWindows8.1ProからWindows10Proにアップグレードする参照。)


アップグレード前のOSのプロダクトIDとHomeかProかを記録しておく

アップグレード前のOSはWindows 8.1 Professionalです。

プロダクトIDがわかりません。

本体の裏にWindows Proのロゴシールが貼ってあるのですがプロダクトIDはそこには書いてありません。

箱とか説明書など探しましたがどこにもプロダクトIDは見つかりませんでした。

結局本体を起動してスタートボタンを右クリック→システム。

これの下の方にある「Windowsライセンス認証」のところにプロダクトIDが載っています。

これをメモせずにWindows10をクリーンインストールしてしまうともうこのプロダクトIDは確認できないので、Windows10を認証できなくなってしまいます。

なのでクリーンインストールする前にプロダクトIDをメモしておくことは重要です。

しかし結果的にVPCJ2にインストールしたときと異なって、プロダクトIDを入力しなくても認証されていました。

Windows10用のドライバを収集する

Support For GS30 2M Shadow(092JP) | エムエスアイコンピュータージャパン | Laptops - The best gaming laptop provider

ここからダウンロードしました。

GS30: 起動時のMicrosoft .NET Frameworkのエラーを解決するでアップグレードしたWindows10にドライバをインストールした記録を参考にします。

ダウンロードしたドライバーは展開すると合計3.11GBもありDVD-Rに焼いておきました。

VPCJ2と違ってもともと使用していたPCではないので、既存データのバックアップは不要なのでクリーンインストール前の準備はこれで完了です。

当然ですがWindows10アップグレードディスクの作成(MSI GS30をWindows8.1ProからWindows10Proにアップグレードする参照。)と外付けDVDドライブの購入(MSI GS30 2M-092JPを購入参照。)は必要です。

また万が一、クリーンインストールに失敗したときのためにリカバリディスクも作成しておきます(MSI GS30 2M-092JPを購入参照)。

Windows10をGS30にクリーンインストール


外付けDVDドライブにWindows10アップグレードディスクを入れてGS30の電源スイッチを入れます。

Press any key to boot from CD or DVD... とでてきたらなにかキーを押します。

するとWindows10アップグレードディスクから起動します。


クリーンインストールするので「カスタム: Windowsのみをインストールする」を選択します。


パーティションの操作画面になります。

すべてのパーティションを削除しました。

これでもう後戻りはできません。


ドライブ0の割り当てられていない領域、だけになりました。

この状態で「次へ」をクリックするとWindows10のインストールが始まります。

必要なファイルのセットアップが終わると再起動がありまたPress any key to boot from CD or DVD... が表示されますが、このときは何も触りません。

WiFiを使っている場合は再起動後にWiFiのパスワードの入力を求められます。

Windows10の設定は「簡単設定」を選択しました。


「自分が所有しています。」を選択します。


Microsoftアカウントを使わずにローカルアカウントを使う(GS30: Windows10のログイン画面からメアドを消す参照。)ので「この手順をスキップする」をクリックします。


あとはアカウントの設定を入力すればインストール完了です。

アップグレードに比べるとインストールにかかる時間はとても短かったです。

インストール後にスタートボタンを右クリック→システム、で確認するとすでにWindowsライセンス認証はされており、プロダクトIDも表示されていました。

ただしこのプロダクトIDはWindows8.1Proで確認したものとは異なりました。

Windows10用ドライバーのインストール


先にSupport For GS30 2M Shadow(092JP) | エムエスアイコンピュータージャパン | Laptops - The best gaming laptop providerからダウンロードしておいたWindows10用ドライバーをインストールします。

インストールが終わってから考えるに、デバイスマネージャーでエラーがなければドライバはインストールする必要はないかもしれません。

とりあえずデバイスドライバーだけはインストールが必要そうですけど。

1. Chipset, 2. Intel VGA, 4. Audio, 5. LAN, 6. Card Reader 7. WLAN, 8. BT, 9. Touchpad, 10. ME, 11. USB 3.0, 12. Radio Switch, 13. Others

この順にインストールしました。

Intel Chipset

Intel VGA Driver

すでに新しいドライバーをインストール済と言われましたが、古いドライバーに置き換えました。

これのインストールは結構時間がかかりました。

インストール完了後再起動すると「グラフィックドライバを検索しています」という表示が消えました。

Audio Driver with A-Volute Nahimic

Nahimicもインストールしました。

Killer LAN

これは該当するハードウェアがないといわれてインストールできませんでした。

Realtek CardReader

Intel Wireless LAN

Intel Bluetooth

TouchPad

Intel ME

これも既に新しいバージョンがインストール済と言われましたがかまわず置き換えました。

USB3.0ドライバーはどれかわからないのでインストールしませんでした。

EC Radio Switch

これも既に最適なドライバーがインストール済と言われましたがかまわず置き換えました。

IRST Intel(R) Mobile Express Chipset

これらをインストール後にスタートボタンの右クリック→デバイスマネージャー、をみるとエラーがでているデバイスはありませんでした。

ドライバーをインすルールする前はどうなっていたかは確認していませんでした。

エラーがでていなければドライバーはインストールする必要はないような気もします、、、

にじんで見えるダイアログがありますね、、、どう解決すべきか。

MSI提供のユーティリティーをインストール


Support For GS30 2M Shadow(092JP) | エムエスアイコンピュータージャパン | Laptops - The best gaming laptop provider

Help Desk

MSI True Color

MSI Battery Calibration

Sizing Options

これはなぜかインストーラーの起動に時間がかかりました。

Super charger

System Control Manager (SCM)

MSI Boot Configureはインストールしてみましたがアイコンをクリックしてもなにも反応がないのでアンインストールしました。

これでクリーンインストール完了です。


ハードディスクのパーティション構成もすっきりしました。

HDDの使用領域は23.4GB、空き領域は214GBになりました。

参考にしたサイト


Support For GS30 2M Shadow(092JP) | エムエスアイコンピュータージャパン | Laptops - The best gaming laptop provider
GS30 2M Shadow(092JP) のドライバーなどのダウンロードサイト。

次の関連記事:GS30: Windows10クリーンインストール後の作業いろいろ

PR

0 件のコメント:

コメントを投稿