Blogger:表示速度向上のためCSSとJavaScriptの置き場を考える:その1

Blogger:ページ表示速度を計測して速度向上対策を考える以来の対策です。まずは現在の速度を計測しておきます。

インデックスページの表示速度を計測する


BNR スピードテスト 回線速度/通信速度 測定で現在の回線速度を確認しておきます。


もうWimaxが遅くてブログを書くのにすら支障がありでモバイルWimaxからDoCANVASに乗り換えてからだいたい4Mbpsで安定しています。

GTmetrix | Website Speed and Performance Optimization

まずGTmetrixでhttp://p--q.blogspot.jp/の速度計測してみます。


PageSpeed Insightsではモバイルサイトの計測もできます。


「修正を考慮」のブラウザのキャッシュを活用する、とか、サーバーの応答速度を短縮する、は単なるBloggerのユーザーにはどうしようもありません。

修正が必要と言われているところをみてみます。


jQueryとMathJaxがレンダリングをブロックしていると言われています。

これらは<head>タグで読み込んでいるものです。

これはなんとかできないか考えます。

CSS配信についてはBloggerのシステムによるものなので私にはどうしようもありません。


モバイル版で指摘されていた「スクロールせずに見えるコンテンツのレンダリングをブロックしているJavaScript/CSSを排除する」が「修正が必要」から「修正を考慮」にランクダウンしています。

他の指摘はBloggorのユーザーがいじってなんとかなりそうなものではありませんでした。

参考にしたサイト


BNR スピードテスト 回線速度/通信速度 測定
回線速度測定サイト。

GTmetrix | Website Speed and Performance Optimization
ウェブページ表示速度測定サイト。改善へのヒントも提示してくれます。

PageSpeed Insights
ウェブページ表示速度測定サイト。改善へのヒントも提示してくれます。モバイルバージョンも計測してくれます。

次の関連記事:Blogger:表示速度向上のためCSSとJavaScriptの置き場を考える:その2

PR

0 件のコメント:

コメントを投稿