linuxBean14.04(65)MySQL WorkbenchでMySQLユーザーを追加

ラベル: ,

前の関連記事:linuxBean14.04(64)MySQL Utilities1.5.5とConnector/Python2.0.4のインストール


MySQLのCUIからの操作はMySQL :: MySQL 5.6 リファレンスマニュアル :: 3 チュートリアルを一通りやれば身につきます。とくに3.2 クエリーの入力3.5 バッチモードでの MySQL の使用が役立ちました。MySQL Workbench6.3を使ってGUIでMySQL5.6の操作をしてみます。

MySQL WorkbenchからローカルのMySQLサーバに接続する設定



linuxBean14.04(63)MySQL Workbench6.3.4のビルドとインストールでインストールした)MySQL Workbench6.3.4ではローカルのMySQLサーバへの接続設定が起動時にすでにしてあります。

これがないときはMySQL Connectionの右にある+アイコンをクリックして接続設定をします。


入力しないといけないのはConnection Nameであとはデフォルト設定のまま「Test Connection」をクリックしてrootのパスワードを入力すると接続がうまくいっているのかが確認できます。

Store in Keychainをクリックするとパスワードがキーリングに保存できますが、linuxBean14.04(60)キーリング'デフォルト'のロックを解除するの問題が起こるかもしれません。


接続に成功するとSuccessfully made the MySQL connectionというダイアログがでてきます。


すでに設定した接続設定を編集したいときは接続アイコンの右上にマウスポインタをもってきて折れ曲がったようにみえるところをクリックします。


「Edit Connection」で編集ができます。

MySQLサーバのユーザーを追加する


まずrootのLocal instance 3306の接続アイコンをクリックしてMySQLサーバと接続します。


Local instance 3306タブが作成されました。

左の列にあるUsers and Privilegesをクリックします。


(!)<anonymous>というアカウントがありますがいまもところ何かよくわかりません。

6.3 MySQL ユーザーアカウントの管理にマニュアルがありますがなかなか理解が難しいです。

6.3.2 ユーザーアカウントの追加にCUIでのユーザー作成例が載っています。

'ユーザー名'@'ホスト名' でユーザー名が特定されているようです。

ホスト名は%がワイルドカードになっていますが、localhostから接続するときは'匿名'@'localhost名'が優先されるため、localhostを含む任意のホストから接続可能とするためには'ユーザー名'@'%'と'ユーザー名'@'localhost'の両方のアカウントを作っておく必要があると書いてあります。

それでこの「mysql_install_db で作成された localhost の匿名ユーザーアカウント」というのがどれなのか知りたかったのですがよくわかりませんでした。

いまのところは他のホストからMySQLサーバにつなぐ予定はないのでまた必要になってから調べることにします。

とりあえず「Add Account」ボタンをクリックして新しいユーザーを追加します。


User01というユーザー名のアカウントを作ることにします。

ネットワーク越しにアクセスする予定はないのでLimit to Hosts Matchingはlocalhostにしました。


Administrative Rolesで付与する権限を設定します。

一番上にあるDBAをチェックするとすべての権限が付与されます。

右の枠にあるGlobal Privilegesではコマンドごとに細かく権限設定ができます。

今回はDBAにチェックしておきました。

右下にある「Apply」ボタンをクリックするとアカウントが作成されます。


'User01'@'localhost'というUserが追加されたことになります。

Local instance 3306タブを閉じます。

新しく作成したユーザーでMySQLサーバに接続する


MySQL Connectionの右にある+アイコンをクリックしてUser01での接続設定アイコンを作成します。


今回は「Store in Keychain」をクリックしてキーリングにパスワードを保存してみました。

「Test Connection」で接続が成功することを確認します。

確認できたら「OK」をクリックします。


User01での接続アイコンが作られました。

アイコンの色合いが違うのはなぜでしょう?

キーリングにパスワードを保存したので接続時にパスワードの入力を求められないはずですが、デフォルトキーリングのパスワードの入力を求められるときはlinuxBean14.04(60)キーリング'デフォルト'のロックを解除するを参考にログインキーリングに変更してください。

参考にしたサイト


MySQL :: MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
MySQL5.6の公式マニュアル。CUIのチュートリアルもあります。

次の関連記事:linuxBean14.04(66)サンプルデータベースemployee dataのER図を作成するまで

PR

0 件のコメント:

コメントを投稿