DICOM(4)Windowsで使える変換ツール:DCMTK JPEG2000は別ライセンス

前の関連記事:DICOM(3)Transfer Syntax(転送構文):dcmファイルには形式が複数ある


DICOMファイルのTransfer Syntaxを変換できるツールを探します。目標はJPEG2000 Trasfer Syntaxを他のTransfer Syntaxにすることです。DCMJP2Kで非圧縮形式にできるようですがこれは手に入りません。

 DCMTK - DICOM Toolkit


DICOM関連ツール集です。すべてCUIです。

dicom.offis.de - DICOM Software made by OFFIS - DCMTK - DICOM Toolkit


このdcmtk-3.6.0-win32-i386.zipをダウンロードしました。

zipファイルを解凍してでてくるbinフォルダの中をみるとたくさんexeファイルがでてきます。

50個もあります。すべてコマンドラインツールです。

使い方はmanにそれぞれtxtファイルがありますがコマンドラインの-hオプションでも同じ内容が見れます。

OFFIS DCMTK: Main Pageに総説があります。
    config: configuration utilities for dcmtk
    dcmdata: a data encoding/decoding library and utility apps
    dcmimage: adds support for color images to dcmimgle
    dcmimgle: an image processing library and utility apps
    dcmjpeg: a compression/decompression library and utility apps
    dcmjpls: a compression/decompression library and utility apps
    dcmnet: a networking library and utility apps
    dcmpstat: a presentation state library and utility apps
    dcmsign: a digital signature library and utility apps
    dcmsr: a structured report library and utility apps
    dcmtls: security extensions for the network library
    dcmwlm: a modality worklist database server
    dcmqrdb: an image database server
    oflog: a logging library based on log4cplus
    ofstd: a library of general purpose classes
  OFFIS DCMTK: Main Page
JPEG(dcmjpeg)やRLE(dcmdata)などへの変換ツールがあります。

ところがJPEG2000にかかわるものはDCMJP2K - DICOM JPEG 2000 Moduleという別モジュールになっていて、その中のdcmdjp2kで非圧縮形式で出力できるようですがライセンスの関係でダウンロードができません。

とういうことで私の目的には合いませんが、とりあえずjpgファイルへの変換ツールの使い方。

dcmjpeg: a compression/decompression library and utility apps

dcmcjpegでdcmfile-inをjpgに圧縮してdcmfile-outとして出力します。

dcmfile-inとdcmfile-outにはそれぞれファイル名を指定します。

dcmcjpeg [options] dcmfile-in dcmfile-out 

dcmdjpegは逆にjpgで圧縮されたdcmfile-inを非圧縮にしてdcmfile-outとして出力します。

dcmdjpeg [options] dcmfile-in dcmfile-out

JPEG Lossless Transfer Syntax変換のGUIフロントエンド


コマンドラインではファイルを一つずつ変換しないといけないのでシリーズ画像では大変です。

そこでGUIのフロントエンドを見つけました。

 DICOM画像 Loss-Less JPEG圧縮/解除プログラム

ダウンロードしたedjpg.zipを解凍するとdcmcjpeg.eze、dcmdjpeg.exe、edJPG.exeの3つのファイルがでてきます。

edJPG.exeがGUIフロントエンドになります。


使い方は変換したいDICOMファイルをドラッグ&ドロップするだけです。

複数ファイルをドラッグ&ドロップすれば複数ファイルも同時に処理できます。

結果は元ファイルと同じフォルダにEnc_(解除のときはDec_)が先頭についたファイル名で出力されます。

パスに空白が含まれるとToo many parametersというエラーメッセージが目では確認できないぐらいの一瞬だけ表示されて何も出力されませんので、ファイル名やフォルダ名に空白がないようにします。

コマンドラインでdcmdjpeg.exeのバージョンを確認するとv3.5.2でした。

これをv3.6.0のdcmdjpeg.exeに置き換えてもちゃんと動作しました。

ためしにJPEG2000のdcmファイルをやってみましたがエラー画面が一瞬表示されて、何も出力されませんでした。

参考にしたサイト


dicom.offis.de - DICOM Software made by OFFIS - DCMTK - DICOM Toolkit
DICOMにかかわるいろいろなツール集。ただしJPEG2000は別ライセンス。

 DICOM画像 Loss-Less JPEG圧縮/解除プログラム
DCMTKのGUIフロントエンド。

次の関連記事:DICOM(5)Windowsで使える変換ツール:YAKAMI DICOM ツール集 JPEG2000は変換元には不可

PR

0 件のコメント:

コメントを投稿