Outlookのmsgファイルをtxtファイルに変換する方法


すごく昔にWindowsで作った拡張子msgのファイルを開こうと思ったらWindows7では開けませんでした。Binary Editor BZでみるとOutlookで作成したファイルのようです。どうしてこんな汎用性のないソフトで学習メモを作ったのか、、、これを変換して読めるようにします。

mapitool.exeでmsgファイルをtxtファイルに変換する


Google Code Archive - Long-term storage for Google Code Project Hosting.

ここからmapitool-1.5.0-mswin32-stand_alone.zipをダウンロードします。

解凍すると3つのファイルがでてきます。
C:\>mapitool --help
Usage: mapitool [options] [files]

    -o, --output-dir DIR             Put all output files in DIR
    -i, --[no-]individual            Do not combine converted files
    -s, --stdout                     Write all data to stdout
    -f, --filter-path PATH           Only process pst items in PATH
        --enable-pst                 Turn on experimental PST support

    -v, --[no-]verbose               Run verbosely
    -h, --help                       Show this message
複数のファイルを一括処理できるようです。

-iオプションをつけないと一つのファイルにまとめられるようです。

msgファイルをまとめてmapitool.exeアイコンの上にドロップするとPosts.txtというテキストファイルにファイルの内容がひとまとめに出力されました。

mapitool -i *.msg

-iオプションをつけて実行するとmsgファイル名と同名のtxtファイルに出力されました。

これは使えそうです。

バッチファイルを作ろうかと思いましたが、処理をするのは今回1回のみになりそうなのでコマンドで処理してしまいました。

エクスプローラーでmsgファイルがあるフォルダの中でShiftキーを押しながら右クリック→コマンドウィンドウをここで開く。

"C:\>mapitool" -i *.msg

あとはここでmapitool.exeを展開したパスでコマンドを実行すれば作業完了です。

参考にしたサイト


Binary Editor BZ
ときどきお世話になるバイナリエディタ。

.msg を .eml に変換する (ruby-msg編)
ここでmapitool.exeを教えていただきました。Outlookのmsgファイルはtxtファイルに変換されました。

Google Code Archive - Long-term storage for Google Code Project Hosting.
mapitool.exeの開発元。
PR

0 件のコメント:

コメントを投稿