MSI GS30をWindows8.1ProからWindows10Proにアップグレードする

ラベル:
最終バージョン(Windows 10・8・7・Vista・Home Serverのサポート期間まとめ : Web Memo.SE)と言われているWindows10がでているのにWindows8の使い方をいまさら覚える意味は無いので無料アップグレードできるうちにWindows10にアップグレードすることにしました。本当に最終バージョンならWindowsの使い方は今後覚えなおさなくてもよいはずです。たぶんそういうことにはならないとは思いますけど、、、

前の関連記事:MSI GS30 2M-092JPを購入

(2016.6.4追記Windows10にアップグレードする前にNorton製品はすべてアンインストールしておくべきです。そのままアップグレードするととても面倒なことが起こります。Norton Download Managerのポップアップを消す方法参照。)

Windows10のアップグレードディスクを作成する


インストールメディアを作っておくとクリーンインストールできるようなのでインストールDVDを作って置くことにしました。

Windows 10から「ツールを今すぐダウンロード」をクリック。

ダウンロードしたMediaCreationTool.exeを起動します。

ライセンス条項に「同意する」と実行する操作の選択画面がでてきます。


「他のPC用にインストールメディアを作る」を選択。


「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックを外すと選択肢が変更できます。

エディションは「Windows10」以外の選択肢はありませんでした。

アーキテクチャは32ビットか64ビットか両方が選択できます。

「両方」を選択して次の画面に進むと最低6GBのメディアが必要と言われたので戻って64ビットだけにしました。


USBメモリは潰すのはもったいないのでISOファイルを選択しました。

Windows.isoの保存先を選択するとダウンロードが始まります。


これがとてつもなく時間がかかりました。

ダウンロードした3.6GBあるWindows.isoをDVD-Rに焼きました。

アップグレードディスクでWindows10へアップグレードする


MSI GS30 2M-092JPを購入で購入した外付けDVDドライブにWindows10のDVDをセットして開くとWindows10のセットアップが始まりました。

このディスクは起動ディスクとも使えWindows10にアップグレード後にこのDVDから起動するとクリーンインストールするか、というダイアログがでてきました。

アップグレードはまず更新プログラムのダウンロードから始まりました。

これもものすごく時間がかかります。

インストール完了後スタートボタンを右クリック→ディスクの管理で空き容量を確認します。


MSI GS30 2M-092JPを購入のアップグレード前と比べるとCドライブが削られて新たに458MBの回復パーティションが作られています。

ところがCドライブの空き容量はそれと同じぐらいしか減っていませんでした。

つまりWindows8.1ProからWindows10Proにアップグレードして減ったディスク容量は新たに作成された回復パーティションの458MB程度ということになります。

そのうちCドライブより後ろのパーティションはすべて削除してCドライブを拡張したいと思います。

参考にしたサイト


Windows 10・8・7・Vista・Home Serverのサポート期間まとめ : Web Memo.SE
Windowsは10で終わりだそうです。

Windows 10
Windows10のアップグレードディスクデータのダウンロードツールのダウンロードサイト。

次の関連記事:MSI GS30:購入後のカスタマイズ、不要なアプリを削除する

PR

0 件のコメント:

コメントを投稿